プチ整形を施すことで、自分の顔に自信を持たせる

女性

ヒアルロン酸を使う

ヒアルロン酸はプチ整形で注入によく使われるものである。
このヒアルロン酸が美容整形の分野でよく使われるようになってから、顔の印象に変化を加えることが簡単になった。
プチ整形では、このヒアルロン酸を鼻や肌に注入することによって、肌にハリを生んだり、鼻の高さを変えたりすることができる。

そんなヒアルロン酸であるが、身体に注入することでどんな効果が得られるのか、それを知っておくことで安心してプチ整形を行なうことができる。
ヒアルロン酸は高分子の物質で出来ており、N-アセチルグルコサミンとグルクロン酸の組み合わせで構成されているものである。
ドロドロとした液状になっているが、水よりもかなり粘性があり、プルプルしているのが特徴である。
皮膚の細胞の間には、コラーゲンや水分などが含まれており、これが肌にハリを生み出している。
このヒアルロン酸はそうした皮膚の間に存在する成分と同じ役割を果たしているので、皮膚に注入されると肌にハリを生み出すのである。

もともと、ヒアルロン酸は人間が生み出す成分であり、結合組織にはコラーゲンや水分とともに欠かせないものである。
このため、もともと体内に存在している成分であることから、注入しても拒否反応を起こす可能性が少ないのである。
ヒアルロン酸が最も多く含まれるのは眼球の中であり、このことから、自然に存在していること、保湿には欠かせないものであることが分かる。
保湿に優れている物質であるため、化粧水などにも多く使われている。

ヒアルロン酸は実は美容整形だけではなく、医療でも使われている。
人間は加齢により、ヒアルロン酸などの結合組織を生み出す力が少なくなってくる。
このため、関節痛などが起こってしまう人の関節部分の結合組織に注入することがある。
そうすれば、例えば膝のクッションが足りなくなった部分に組織を増やすことができ、歩く衝撃から身を守ることができる。
アレルギー反応もないので、シワを治療するプチ整形手術に使われているのである。

Copyright(c) 2014 プチ整形を施すことで、自分の顔に自信を持たせる. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com