プチ整形を施すことで、自分の顔に自信を持たせる

青空と女性

カウンセリングで意思疎通を測る

美容整形を行なうにあたっては、プチ整形でも入念なカウンセリングは大切である。
外科手術は身体に直接働きかけるため、充分な手術方法の説明がなされなければならない。
しかも、見た目に関することなので、満足できる施術を期待するのであれば、医師との意思疎通は図らなければならない。
たとえば、カウンセリングでは完成図を明確にすることが大切である。
カウンセリングで完成図を明確に図やCGで提示されることで、自分がどんな顔になるのかが想像しやすい。
自分の理想の体型や顔を口頭で伝え、医師がそれを理解し、施術をしてくれるのかを確かめるのがカウンセリングでは大事である。

こうしたデザインに関することをカウンセリングで入念に行なうのは、デザインの共通認識を持つために大事である。
医師と患者それぞれで、「ぱっちりとした目」のイメージは異なっているので、言葉以外の部分で明確なデザイン案を確認しなければ、出来上がりに満足できないこともありうるためである。
患者の元の顔によっては、目にできる整形手術も限られてくるためである。
シミュレーションでは、顔を下げた時の感覚や、日常顔にしてしまう癖などが聞き出され、それに沿って適切な手術方法が提示される。

Copyright(c) 2014 プチ整形を施すことで、自分の顔に自信を持たせる. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com