プチ整形を施すことで、自分の顔に自信を持たせる

顔を気にする

明るい印象の目にする

プチ整形でもっともニーズがあるのが、まぶたを二重にする方法である。
まぶたを二重にすることは、日本人にとっては憧れのものである。
日本人はまぶたの肉が厚い人が人種的に多く、このため一重や奥二重になる人が多いのである。
まぶたの肉が厚いので、二重であってもぱっちりということにはなりにくいのである。
簡単に二重にする方法としては、アイプチをするという方法がある。
アイプチであれば、化粧感覚で二重まぶたにすることができるので、若い女性がよく行なう方法である。
しかし、この方法はまぶたに糊を塗布し、まぶたを接着させシワを作ることで二重を作り出すという方法で行われる。
このため、敏感肌の人はアイプチの接着剤でかぶれてしまうこともよくある。
しかも、まぶたの肉が厚い人はアイプチをしてもまぶたの肉が接着せずシワにならずに、二重にならないケースも多々ある。

まぶたに施すプチ整形としては、埋没法と呼ばれるものがある。
この方法を使うことによって、綺麗な二重まぶたを半永久的に手に入れることができるので、多くの人がこの施術方法を取り入れ、憧れの二重まぶたを手に入れている。
メイクでもアイプチでも、水に濡らして顔を洗ってしまえば、得られた二重の効果が失われてしまう。
しかし、整形手術を行えば、素顔の顔に自信を持たせることができ、メイクなどに頼ることが少なくなる。
埋没法の施術時間はわずか5分程度なので、気軽に行なうこともでき、腫れも2~3日で引くので、週末に埋没法を行い、週明けからは何事もなく会社へ通勤することも可能である。
埋没法は二重にする部分に糸を埋め込み、その糸でシワを作り出す施術法である。
この種類としてはいくつかあるので、その人の体調や体質に合わせて施術を選べる。

Copyright(c) 2014 プチ整形を施すことで、自分の顔に自信を持たせる. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com